• 2019年12月13日(金)

    性教育講演会

     徳洲会病院産婦人科医の小田切幸平先生にお越しいただき,「妊娠・出産の奇跡~そこに至るまでのしくみ~」と題して,講演会を行いました。

     男女の生殖器の違い,妊娠と出産のこと,お腹の中で過ごす赤ちゃん,中絶と避妊,性感染症と不妊症,本当の恋愛,性の多様性など多くのことを教えていただきました。

     クイズを出したり,自身の生い立ちや体験談なども混ぜながら,とても中身の詰まった内容であり,また,奄美大島群島には産科医が6人しかいないことや,出産の現場の実態も知りました。

     小田切先生は,望まない妊娠をしないための知識や手立てを生徒たちに強く伝えました。先生の講演は,これからの高校生活や将来に繋がる貴重なメッセージでした。

    IMG_2722

    【ネパールの悲惨な出産事情を知り,産科医を決意したと話す小田切先生】

    IMG_1297(1)

    【クイズに答える生徒と会話しながら,わかりやすく説明してくれました】

    IMG_1303

    【男女それぞれが,お互いに思いやりを持ち,受け入れることが大切と学びました】

    IMG_2782

    【衛生看護科2年の積山玲奈生徒会副会長がお礼の言葉を述べました】

     生徒の中には将来,奄美の医療に携わりたいと考える生徒もいたと思います。

     お忙しい中,75分の講演の準備や貴重な話をしていただき,本当にありがとうございました。

     

  • 2019年12月13日(金)

    2学年進路講演会

     県立奄美図書館で2年生を対象とした講演会が開催されました。麻生専門学校グループ教育支援本部の徳久晶子先生をお招きして,「社会が求める人材像について」と題して,講演していただきました。

     自らの人間形成をしていくうえで,大切なことは努力や才能だけでない。最も大切なのは「運」!運は自ら「運ぶ」ものであり,そのためにも日常生活や心構えをしっかりとすることと話されました。

     いつでも自分は運がいい!と自己コントロールしながら,夢を発見し,それを実現できる自分作りをしてほしいと思います。

    IMG_1288

    【運がいいと思えば,目の前は「扉」に見えてくると語る徳久晶子先生】

    IMG_1269

    【努力や才能がある人は,たくさんすぎる運を持っていた!】

    IMG_1272

    【軽妙なトークに生徒たちは,引き込まれて,自分を見つめ直していました】

    IMG_9530

    【午後には2年生保護者を対象に講演し,進路について話していただきました】

     

  • 2019年12月12日(木)

    ビブリオバトル!

     生徒の読書への関心を高め,読書活動を推進することを目的とし,朝の一斉読書・ビブリオバトルを行いました。

     ビブリオバトルとは「本と本の戦い」,つまり「本の紹介コミュニケーションゲーム」です。「人を通して本を知る,本を通して人を知る」をキャッチコピーに全国に広がっています。

     ビブリオバトルの発表では,押川大輝さんが『ぼくは明日のきみとデートする』,越間華純さんが『ガンに生かされて』,常田海成さんが『キノの旅』を紹介してくれました。

     練習時から,三人でお互い刺激し合い成長し,本番では5分の時間に合わせて紹介することができ,見ている生徒からも質問がたくさんでてきて,温かな雰囲気に包まれました。

     生徒からは「楽しかった。」「また,聞きたい。」との声が上がり,ビブリオバトルへの意欲関心が高まり,同時に,読書への意識が高まったようです。

    IMG_1168

    【ビブリオバトルを目の前で初めて見て,新鮮で温かい雰囲気でした】

    IMG_1166

    【5分で本のポイントをうまく紹介した情報処理科1年 押川大輝さん】

    IMG_1187

    【商業科1年 越間華純さんの本の紹介に,全校生徒が引き込まれました】

    IMG_1194

    【紹介者の説明に,メモを取って,本の内容を確認しています】

    IMG_1209

    【情報処理科3年 常田海成さんの本格的な説明がとてもわかりやすかったです】

    IMG_1234

    【本を読みたくなったとさらに感じ,感想文でビブリオバトルを振り返りました】

     

  • 2019年12月12日(木)

    吹奏楽部 壮行演奏会

     12/14(土)~12/15(日)に姶良市姶良文化会館加音ホールで,第46回鹿児島県吹奏楽ソロ・アンサンブルコンテストが開催されます。

     本校からは,安原実優さん(商業科3年),植田友生さん(情報処理科3年),平愛海さん(情報処理科2年)の3名が出場します。

     出発前日の放課後に,3名は多くの生徒や先生方の前で,本番ならではの演奏を披露しました。先生方を含めた,たくさんの激励を受けた3名にはいつもの力を発揮してもらいたいと思います。

    IMG_1102

    【魂のこもったクラリネット演奏をする平愛海さん】

    IMG_1116

    【息ぴったりのピアノ演奏の安原実優さんと,アルトサックス演奏の植田友生さん】

    IMG_1146

    【会場にいる多くの人に奄高サウンドを届けてください!奄美から応援しています!!】

     

  • 2019年12月11日(水)

    集団読書 ~読み聞かせ~

     今週は朝読書週間ですが,昨日と本日は講読意欲や読書に対する意識をさらに高めるべく,放送による読み聞かせを行いました。

     池上晶子著「14歳からの哲学~考えるための教科書~」という本を抜粋して,図書委員の朗読により,一斉読書をする形式でした。

     自分を愛すること,友人を求めること,孤独ということなどについて,深く考えさせられる内容でした。

     生徒たちは自分のことや,友人のことを考えながら,文字を追いかけていました。本から学ぶことのできた時間だったと思います。

    IMG_9482

    【放送室で朗読を行う情報処理科2年の山田脩渡さん】

    IMG_9483

    【益田若子司書から手を差し伸べられ,安心して朗読する情報処理科3年福山美咲さん】

    IMG_9489

    【友人関係,孤独,自分の世界・・・自分に置き換えて,読んでいました】

    IMG_9491

    【朗読後は,この本を読んだ感想を書いて,集団の中の自分を振り返っていました】

     

     

  • 2019年12月10日(火)

    就活応援企業ガイダンス

     鹿児島県建設業協会奄美支部が主催し,本校機械電気科2年生45名を対象とした就職ガイダンスを実施しました。

     機械電気科の2教室に本島内の建設業10社が集まり,生徒に向けて,地元の企業としてのメッセージを伝えました。

     事業所の皆さんはパンフレットをもとにして,各事業所の事業内容や取組,アピールポイントを説明して,地元で働く意義を熱く語りました。

     島外で働いても,いつかは生まれ育った地元で貢献してほしいという願いが込められていました。

     あまみエフエム代表の麓憲吾評価委員や,ラジオパーソナリティの渡陽子さんも,この企画に興味を持ち,見守っていました。

     「わんきゃ島」の産業が支えられていることを理解し,インターンシップを終えたばかりの2年生にとっては,働くことへの意欲も充分高まったと思います。

     DSC_3065

    【建設業協会奄美支部の皆さんと,先生方との顔合わせの様子】

    DSC_3086

    【名刺交換会となり,地元企業とのパイプがさらに強まったと思います】

    DSC_3108

    【強い信念を持って,地元を支えていることが充分伝わってきました】

    DSC_3134

    【これまでの経験談や,高校生に求めることなど参考になる話ばかりでした】

    DSC_3138

    【就職する際に必要なポイントとなる言葉を,ポートフォリオに書き留めました】

    DSC_3141

    【奄美で働くことのメリットやデメリットはなんですか?と質問も出ました】

     鹿児島県建設業協会奄美支部の皆さん,本日はお忙しい中,「仕事」について説明していただき,ありがとうございました。

     進路意識も高まり,働くことのイメージや奄美で働くことの重要性を学ぶことができました。

     

  • 2019年12月09日(月)

    ハンセン病問題啓発講演会

     鹿屋市にある国立療養所星塚敬愛園で自治会長を務める岩川洋一郎先生をお招きして,「ハンセン病問題の現在・過去・未来」と題して,講演をしていただきました。

     60分の講演の中で岩川先生は,ハンセン病に関するさまざまな問題を生徒たちへ伝えました。らい予防法制定によりハンセン病患者は,療養所に強制隔離され,差別や偏見を受けてきました。

     らい予防法が廃止になっても,その前身である制定から含めて90年,ハンセン病患者は宿泊拒否を始め,大きな人権侵害を受け,自らの命も育てられず,家族も結婚差別などその被害に遭ってきました。

     まもなく,星塚敬愛園は創立85年,奄美和光園は設立75年を迎えます。特に敬愛園では,高齢化が進む療養所で障がい者施設を作り,さまざまな交流を深めているそうです。

     今も元気で啓発活動を続ける岩川先生は,生徒たちに「和光園を訪ねてください!そして,まだ,解決していないハンセン病のことをもっと知ってください!そして,寄り添いましょう」と伝えました。

     ハンセン病に関する問題の歴史と現実,そして実態を生徒たちは知りえたことで,この問題の解決の第一歩になったことは間違いないと思います。

    DSC_2969(7)

    【人権の尊厳回復を目指す!と熱く伝える岩川洋一郎先生】

    DSC_2969(43)

    【療養所の町民のために,差別と偏見の根絶と完全なる解決に向けて努力します!】

    DSC_2969(49)

    【家族と過ごせるありがたさを感じ,この問題を伝えて行きたいと述べる森山響副生徒会長】

    DSC_2969(55)

    【講演会後は,ポートフォリオシートにとったメモを参考に,さらに振り返りを行いました】

     

     

  • 2019年12月09日(月)

    12月の学年朝礼

     今回は1学年の朝礼の様子をお伝えします。情報処理科1年の3名の生徒が学校生活について,作文を発表しました。

     全力で楽しめるものを持つ喜び,当たり前のことを当たり前に実行できる気づきの心,就職や進学のメリットやデメリットなど,入学して9ヶ月経過した高校生活の思いを述べてくれました。

     最後に小宮路先生が,エリヤフ・ゴールドラット著の「ザ・ゴール」という本を紹介しました。TOCという制約条件の理論で工場の再建を成し遂げた話でした。

     「人は善良である」「常にウィンウィンの関係でいること」などの理論を導入している大手企業は多いということでした。

     同級生の思いや考え,高校生活をブラッシュアップするための参考になる朝礼だったと思います。

    IMG_9462

    【テニスに転身したことで楽しめるものを見つけたと話す池田蓮斗さん】

    IMG_9464

    【気づいたことを行動に移し,小さな変化が大きな差になると話す光真聖さん】

    IMG_9467

    【就職か,または進学かを慎重に選ぶために目標を掲げる豊島享香さん】

    IMG_9472

    【問題は必ず解決する!と本を紹介する小宮路浩章教諭】

     

  • 2019年12月06日(金)

    名瀬中2年生が来てくれました!

     中学校卒業後の進路選択の意識や進路意欲を高める目的として,名瀬中学校の2年生が本校に学びに来てくれました。

     約60名の生徒と引率の先生方が5つのグループに分かれて,校内の施設を見学しながら,専門学科の授業や実習を参観しました。

     初めて入る高校の建物や,初めて見る専門性の高い授業に驚きながらも,各学科のポイントをメモして,進路選択の参考にしていました。

     各学科の学習に興味を持ってくれて,3年生になる前に高校進学に向けての意識も高まったと思います。

     名瀬中2年生のみなさん,ありがとうございました!

    DSC08949

    【機械電気科3年の「製図」 先輩が優しく図面の説明をしてくれました】

    DSC08951

    【商業科・情報処理科「課題研究」 バーチャルマネキン結ちゃんがお出迎え!】

    DSC08953

    【商業科・情報処理科「課題研究」  研究成果プレゼンの練習中です】

    DSC08954

    【商業科・情報処理科「課題研究」  簿記検定のポイントに引き込まれています】

    DSC08957

    【衛生看護科3年「成人看護」で,眼球模型を使い,眼疾患について学びました】

    DSC08958

    【衛生看護科1年「人体と看護」 血管系のしくみについて,みんなで考えました】

    DSC08961

    【家政科3年「課題研究」 手作りのドレスに歓声が上がりました!】

    DSC08962

    【家政科2年「発達と保育」 幼児向けのおやつを作っていました!】

    DSC08971

    【「興味を持った学科がありましたか?」の問いかけに手がたくさん上がりました】

    DSC08973

    【宇都尚美教頭先生が,奄高について,さらに多くの事を説明しました】

    DSC08977

    【質問も出て,将来の自分を見据え,進路意識の向上に繋がったようです】

     

  • 2019年12月05日(木)

    フレッシュ研修~LHR~

     本日1限目,体育科の遊畑先生がフレッシュ研修の一環として,機械電気科2年1組でLHRの研究授業を行いました。生徒達はグループに分かれて活動を行いました。

     授業は「就職に必要な条件について考えてみよう」というテーマで行われました。近年,高校を卒業後就職して3年以内に離職する割合が39%となっています。企業と自分の希望とのミスマッチを防ぐためにも,自分にとって就職に必要な条件は何なのかを考えました。

     生徒達は,ワークシートを進めることで自分の希望を再確認し,他の生徒の意見も聞くことで自分にとって就職に必要な条件を考えることができました。2年生の3学期は,進路活動本番となる3年生の0学期と言われます。今日の授業を通し,冬季休業中に家族や親戚の方々とじっくり進路について話し合うきっかけになって欲しいです。遊畑先生,フレッシュ研修最後の研究授業お疲れ様でした。

    DSC08907

    【インターンシップについての感想を聞いてみました】

    DSC08915

    【就職に求める条件,自分はどんなことを大事に選ぶだろう!】

    DSC08935

    【グループ内でまとめた意見を発表しました】

    DSC08941

    【自分にとって就職に求める条件をしっかりと持つことが大事と伝えました。遊畑先生研究授業お疲れ様でした】